DEJIMA博とは

NIBは、地域の人口減少の克服と地方創生を目的とし、交流人口を新たに創出するイベント「DEJIMA博」を毎年開催しています。2016年には長崎市の「長崎創生プロジェクト事業」第1号に認定。2019年は5日間で33万人が来場(GWの集客数は長崎県内一)し、長崎を代表する催し物に成長しました。コロナ過で休止を余儀なくされましたが、2021年には県内でいち早く新しい生活様式に則して開催。ノウハウを生かして感染対策を徹底し、より多くの方々にGWを楽しんでいただくために、今年は入場無料で開催します。

 

  • 元気を届けるステージイベント
    ステージイベントを通じて「未来」へつながる元気をお届けします。
  • 子どもの「なりたい」をかなえる
    子どもたちが、なりたい職業を見つけられる体験型コンテンツをつくります 。
  • 全国のグルメ満喫
    全国のグルメを堪能した後は、ゴミの分別・リサイクルを徹底します。
  • 子どもの笑顔をつくるこども食堂
    こども食堂を知る機会や、支援の輪を広げる仕組みをつくります。
未来を担う子どもたちのためDEJIMA博はさらに歩みを進めます。

 

日程

2023年5月3日(水・祝)~5月7日(日)5日間

 


場所

長崎水辺の森公園
長崎県長崎市常盤町22−17

 


入場料

無料