下柳剛ドリームカップ 長崎少年ソフトボール選手権大会
みなさん、「こんにちは!」
昨年、大会開催10回を迎え、記念大会と位置づけ、諫早市「なごみの里運動公園」にて、 ふわふわ遊具や出店をだすなどアミューズメント性の高い大会とし行いました。
その実施につきましては好評をいただき、今年の大会は、予選・決勝ともに「なごみの里 運動公園」にて同様の展開を行いたいと考えています。

私は今、長年の野球人生を振り返ると、高校時代は猛練習に「辞めたい」と思う毎日でしたが、「プロ野球選手になる!」というただひとつの夢をかなえるために好きな野球をし続けました。その後、念願のプロ入りしたものの、当初は1軍に昇格できず、それでも「1軍で活躍する!」という次なる夢の実現に向けて、日々、練習を繰り返してきました。その中で課題を見つけ、必ずチャンスがくると信じ、取り組んだ結果、プロ3年目でつかんだ1軍のマウンド。その後は、「勝てる投手」になるという目標を改めて立て、試行錯誤、練習を積み重ねた結果、優勝という栄冠を勝ち取ることもできました。みなさんもこれからの人生の中で大きなチャンスが巡ってくることでしょう。しかし、そのチャンスはいくつも訪れるものではありません。数少ないチャンスをしっかりつかむため、目標を立て、準備を怠らずにやるべきことをやり続ける人生を築いて欲しいと思います。
いよいよプレイボールです。これまでの練習の成果を全て出しきってチャレンジしてください。
グラウンドに立つ選手もベンチで応援する選手も試合が始まったら思いはひとつ、最後の1球まであきらめず、そして思いっきり楽しんでください。その先にある「優勝」を目指して!そして、この大会の参加選手から未来のプロ野球選手が誕生することを期待しています。
最後に、この大会の運営にご協力いただいております関係者の皆様方、各チームの代表の皆様、本当に有難うございます。心より重ねて御礼申し上げます。

大会概要 全てのインフォメーションを表示

・NIBトップページ ・番組案内 ・アナウンサー ・ビービーズfanクラブ ・イベント 試写会 プレゼント ・会社案内

Copyright (c) NIB All Rights Reserved.