会社案内

放送番組の基準

NIB放送番組の種別の基準

株式会社長崎国際テレビは、常に大衆の基盤に立つ民営テレビジョン機関として、その放送を通じ平和な世界の実現に寄与し、文化の向上をはかり、地域社会及び産業、経済と福祉の発展に貢献することを使命とする。この自覚に基づき、放送において何人からも干渉されず不偏不党の立場を守り、民主主義の精神にしたがい、世論を尊び、言論及び表現の自由を確保し、社会の信頼に応えるものとする。

 

Ⅰ. 基準方針

株式会社長崎国際テレビは、その放送番組の編成、企画、制作にあたり関係法令および次に揚げる基準に従うものとする。この基準はすべての放送番組および広告に適用される。

1. 国家
すべての国及び種族は公平に取り扱い、その尊厳を傷つけてはならない。
2. 社会
公の秩序や良俗を尊重し、係争上の社会問題については、公正に取り扱わなければならない。
3. 犯罪
法律や社会正義に反する犯罪行為は視聴者に共感を与えたり、かつ模倣の意欲を起こさせるような取り扱いはしない。
4. 言論
言論および報道の自由を確保し、公正的確に取り扱い外部のいかなる圧力によっても支配されない。
5. 人権
個人・団体・人権・性別・職業に対し名誉を傷つけるような内容、又は表現は取り扱わない。
6. 政治
公正な立場をまもり一党一派にかたよらないように注意し、政治・経済に混乱を与えるおそれのある問題は慎重に取り扱う。
7.
視聴者に上品かつ穏健に表現し、困惑・嫌悪の感じを抱かせないように注意する。
8. 宗教
信仰の自由を尊重し公平に取り扱う。
9. 家庭
結婚制度と家庭生活を尊重し、これを破壊するような思想を肯定的に取り扱わない。
10. 広告
広告は所定の基準時間内において番組の内容及び格調によく調和し、かつ上品に表現しなければならない。

 

Ⅱ. 番組基準

この基本方針にもとづき、放送番組を次の基準によって編成する。編成に当たっては、株式会社長崎国際テレビ番組審議会の意見を反映し、放送の適正を図るものとする。

1. 報道番組
時事に関する速報、説明、又は意見を直接扱う番組で、事実で客観的かつ正確、迅速、公平に取り扱うものとする。
2. 教育番組
学校教育、又は社会教育のための番組で、特定対象に対し、有益適切な内容に資するものとする。
3. 教養番組
教育番組以外の放送番組であって、国民の一般的教養の向上を直接の目的とし、あわせて品性の陶冶に資するものとする。
4. 娯楽番組
健全な慰安を提供して、国民の生活内容を豊かにするものとする。
5. 広告
広告番組は真実をつたえ、誠実を守るとともに品位をそこなわず、関係法令に従って社会的責任を負いうるものとする。

 

Ⅲ. 放送基準

個々の放送番組および広告の企画、制作、実施にあたって守るべき基準については 「日本民間放送連盟放送基準」によるものとする。

 

(株)長崎国際テレビ

 

もどる

会社案内
チャンネル案内
個人情報保護基本方針
採用情報
番組審議会
リンク
サイトマップ